Svein Strøm 『My Life Is My Life』LP 1980年作

1980年作ノルウェー産AORの最高傑作!全曲オリジナルでハイクオリティの激おススメ盤です!

北欧系AORに詳しい方はご存じだと思いますが、

初耳の方は要チェックです。

実はこのアルバムおかしな点がございまして・・・

アーティスト名は「Svein Strøm」。

しかし裏ジャケには6人のバンドメンバーが移ってますね。

なので、てっきり「Svein Strøm」はバンド名かと思っていたのですが、

裏ジャケのクレジットをよ~く見ると、

コーラス兼ギター担当、そして全曲の作詞をしているのが

表ジャケに悠々とアームチェアに座っている「Svein Strøm」さんなんですね。

さらによく見ると、

リードヴォーカル担当はRune Ostdahlという人

作曲は一曲を除いて、全てこのバンドメンバー以外の人が書いています。

・・・・えっ!!!

なんと看板アーティストがバックコーラスとギターの裏方役で

メインぽい印象的な甘い歌声のヴォーカルの人は、あくまでバックバンド!?

これは例えばLinda Ronstadtがアーティスト名で表ジャケに堂々と写っていて

バックバンドが演奏とリードヴォーカルだったら驚きますよね・・?

Love GrowsをHitさせたEdison Lighthouseに

リードヴォーカルのTony Burrowsがメンバーじゃなかったのと

同じくらい驚きですね!

さて、気になる楽曲の紹介です。

☆まずタイトル曲であり、シングルカットもされた一曲目「My Life Is My Life」。

ヒット性抜群のPower Pop風ポップソング。

甘い歌声とキャッチーなメロディ、そしてサビの爽やかなコーラス・・・痺れます!




☆そして3曲目の「Mr. X」。

Eric Carmen顔負けの甘酸っぱいメロディが堪らない。

☆こちらはB-side 4曲目の「Summer Song」。

胸キュン・トロピカルポップソング。

ということで、

この3曲を作曲したMarius Müllerさんと

甘い歌声のRune Ostdahlさんに

拍手!!!!

ちなみアマゾンデジタルミュージックからAlbum丸ごとDL出来るみたいです。

MP3派の方はどうそ↓