Stéphane Varègues 『Reinefeuille』EP 1974年作

1960年代中期頃から映画音楽などの作曲を手掛け、名を馳せたフランスの作曲家Stéphane

Varègues。彼の作品の中でも取り分け内容の良い盤がこちら。子供向けテレビシリーズの

『Reinefeuille(葉っぱの女王様)』用に作曲された4曲入りの7inchシングルです。当時の動

画がYou-TubeでUPされていまして、見てみると今作に収録されている曲が場面に合わせて

流れてるのが分かります。

収録された4曲はいずれも1分程のとても短い曲ですが、どの曲も男女混声のコーラスが聴け

る内容になってまして、サウンドもソフト&キャッチーでSoft Rock寄りです。

収録曲は以下の通り。

Side-1

1 「Générique」

2 「Thème De Brikabrac (Les Affaires Sont Les Affaires)」

Side-1

1 「Ballade De Reinefeuille」

2 「Hippy」

まず「Générique」。子供向け番組に相応しいリズミカルなメロディと可愛い鳴り物が印象

的な1曲。間奏のパッセージ・コーラスも美しく、子供がいたら聴かせてあげたいですね。

「Ballade De Reinefeuille」は、男女混声によるダバダバ・コーラスが非常に秀逸。透き通

った爽やかさと同時にメローな感じも併せ持ち、素敵なSoft Rockに仕上がってます。

「Hippy」は、ややミュージカルぽさに溢れた幻想的な曲。澄んだ空気の様な女性コーラス

の広がりが、全体にSoft Rockな空間を作り出してます。

ゆいさんのおススメ

上記の動画では流れていないのですが、全Soft Rockファンに是が非でも聴いて頂きたいの

が、「Thème De Brikabrac (Les Affaires Sont Les Affaires)」。柔らかいバイオリンの音

色や小粋なジャイヴに一役買っている華麗なギター・カッティングも素晴らしいですが、

やはり何と言ってもスキャット・コーラス!

冒頭の「ドゥットゥ~ドゥ~ワァ」から間奏の「ウ~ワァ~」まで軽快なスウィングに乗っ

た女性コーラスが、とにかく完璧なまでにお洒落!フランス語の響きがよりクールでコケテ

ィッシュな感じを醸し出し、上質な1曲になっています。スキャット好きには、正に即死級

トラックと言えますね。