Sam McNally 『First Chance』LP 1981年作

元StylusのキーボーディストのSam McNallyによるソロアルバム。

Stylus時代に「So Much Love」という曲を歌っていた人で間違いないと思いますが。

間違ってたらすみません。

いつも気になっていたのですがこの人ってこの下の写真でいうとどちらの方なのでしょうか?

You-tubeとかの動画で見るとSamさんが歌っている部分は

(例えば「Look At Me」や「Kissin’」など)

右から二番目のアフロの人が映っているのでこの人かと思っていたのですが

そうするとベースのAshley Hendersonはどの人なんだ?となり頭がこんがらがり

それとなく受け流していました。しかしながら

このアルバムの裏ジャケに映っている顔写真は一番左の人っぽいんですよね。。??

知っている人いたらお願いします。

さて、本アルバムの内容ですが

Stylus同様ファンクソウル系ブルーアイド・ソウルといった趣で

その手の系統が好きな方には楽しめるかと思います。

ただ片面は長尺の退屈なファンクなインスト曲で

もう片面も女性がリードをとっている曲があり、

「So Much Love」の様な曲を期待していた私的には少しがっかりでした。

しかし!一曲すごいのがありました!

それがこの曲!フリーソウル系AOR「This Is The Life」!!




歌ってます!Samさんがしっかり歌ってます!

特に1分56秒辺りのところからが最高ですね。

ということでStylusファンにも気に入って頂けそうな曲が一曲収録されてますので、

お好きな方は是非レコードの発掘頑張ってください。