この記事を読む

Lisa Hartman 『S.T.』LP 1976年作

米・テキサス州ヒューストン出身の女性シンガー兼女優Lisa Hartman Blackによる1st Album。プロデューサーにJeff Barry、演奏にはDavid Foster、Lee Ritenour、Nino Tempoらの大物が…

この記事を読む

The New Generation Singers 『Flying High』LP 1971年作

英国を代表するダンサー・グループThe Young Generationのメンバー達により結成された 5人組のコーラス・グループ。メンバーには、後にTV業界で世界的に有名になるNigel LythgoeとKen Warwickが在籍していた…

この記事を読む

Michel Legrand『The Young Girls Of Rochefort 』LP 1968年作

1964年に公開されたJacques Demy監督によるフランス映画『Les Parapluies de Cherbourg(シェルブールの雨傘)』は、全くセリフのない完全なミュージカル仕立ての映画 であり、当時としては画期的な作品として取…

この記事を読む

The Johnny Mann Singers 『Mann Alive』LP 1968年作

米・メリーランド州出身のJohnny Mannは、作曲家、アレンジャー、指揮者、エンターテイ ナーなどなど、多才なミュージシャンとして1950年代の中期頃から台頭し始めました。 Johnny Mannと言えば、やはりThe Johnny M…

この記事を読む

Ron Perreault 『Indigo Ladies』LP 1980年作

カナダはオンタリオ州トロント出身の男性シンガーRon Perreaultによる唯一作。 実は、Side-2の冒頭「Why Couldn’t I Just Love You」のみRon氏が作曲してますので、 SSWとも言えそうです…

この記事を読む

Paul Johnson Voices 『The Songs Of Dan Dirksen』LP 1975年作

アメリカの神学系大学における神学科と音楽学科の間では、常に派閥抗争があるというのが 通説だそうです。神父を目指していた神学科のPaul Johnsonとミュージシャンを夢見る音楽 学科のDan Dirksenの2人は、そんな学部間の争いなど…

この記事を読む

Stéphane Varègues 『Reinefeuille』EP 1974年作

1960年代中期頃から映画音楽などの作曲を手掛け、名を馳せたフランスの作曲家Stéphane Varègues。彼の作品の中でも取り分け内容の良い盤がこちら。子供向けテレビシリーズの 『Reinefeuille(葉っぱの女王様)』用に作曲さ…

この記事を読む

The Mike Sammes Singers 『Love Is A Happy Thing』LP 1968年作

TVやCM、そして数多くのアーティストのバッキング・コーラスを務めた彼らの数ある 作品群の中でも、飛び抜けてSoft Rock度が高いアルバムがこちらの1968年盤。今作は、ソ フロ本や某レコード店のSoft Rockセールなど、各所で取り…

この記事を読む

Todd McClenathan 『In Our Lovetime』LP 1982年作

ニューヨーク州南西隅に位置するシャトークア郡のフレードニアからひっそりリリースされ たAORの名盤。住所表記の仕方や、主役のMcClenathan兄弟がアレンジからエンジニア・プ ロデュース、そして全曲の作詞作曲まで行っている意欲的な制作姿…

この記事を読む

Ellen Dedrick 『Nature Boy / Settlement Boy』EP 1969年作

先日、You-TubeでThe Star-Scape Singersのアカペラをどっぷりと見ていたところ、 「あれ?Ellenは?」と思い調べてみると、どうやら参加しているDedrick兄弟はChrisと Sandyだけだと、その時初めて知…

この記事を読む

De Millers 『Millers ’69』LP 1969年作

彼らのテーマ・ソングとも言える「Make Mine Millers」が2作品共にアルバムの頭とラスト に収録されているので、前作『Millers ’68』と今作は対を成すアルバムと捉えて問題なさそ うです。ちなみにこの年号だけ違…

この記事を読む

De Millers 『Millers ’68』LP 1968年作

気の利いた店員さんだと、レコードを購入する際に同趣向の盤を教えてくださったりするこ とがたまにありますよね。本日紹介するレコードは、ゆいさんが店員さんに薦められた物の 中で一際良かった1枚です。こちらはオランダ産のジャズ・グループなんですが…

この記事を読む

The Johnny Cowell Orchestra & Chorus 『It’s Gotta Be Love』LP

カナダ産Soft Rock関連の作品を聴いていれば、嫌でも目にするのがJohnny Cowell氏。    彼は、6才の頃からトランペット奏者としてバンドでの演奏を始め、1952年から1991年の 約40年間はトロント交響楽団に在籍するとい…

この記事を読む

Dwight Oyer 『Ordinary Rhythm』LP 1983年作

海外でもあまりお目にしない、米・バーバンク出身のSSWによる自主制作盤。先日、都内に あるヴィンテージ系に強い某レコード店にて発見!早速、聴いてみると王道を行くオーソド ックスなメロディとサウンドでしたが、この時期にピッタシの爽やかなコーラ…

この記事を読む

豪州版The Going Thingのシングルについて

豪州版The Going Thingは、イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの3ヵ国で、 シングルをリリースしております。私の調査だと全部で4枚。他にもあるかもしれませんが とりあえず現時点で分かっているものは以下の通り。赤字のものは…

この記事を読む

The Going Thing 『Good News』LP 1971年作

米Ford社によるノヴェルティー作品のアルバムも、これがラストになります。The Going Thingプロジェクトの最終作となる通算4枚目のアルバム。こちらは、3作目までBahler兄弟 が参加していたグループとは全く異なるもので、197…

この記事を読む

The Going Thing 『1970』LP 1970年作

おはようございます。本日も引き続きFord社のノヴェルティー盤についてです。今日は第3 作目の紹介になります。個人的には本盤のジャケットが一番好きですね。明るいポップな 色彩と楽しそうにしているメンバー達が写り、何とも言えず素敵。どことなく…

この記事を読む

The Going Thing 『The Going Thing 1969』LP 1969年作

さぁ、昨日に引き続き、Ford社が販促用に制作したノヴェルティー盤についてです。 言い忘れてましたが、同じくFord社によるSoft Rock系のノヴェルティー作品と言えば Samantha Jonesによる7inchシングルが有名ですよね…

この記事を読む

The Going Thing 『Christmas 1968 With The Going Thing』LP 1968年作

Ford Motorと言えば、アメリカ・ビッグスリーの一角を担う大手自動車メーカー。 今回紹介するのは、そんなFord社がプロモーション用に制作したノヴェルティー・レコード です。Soft Rock系のノヴェルティー作品の中では、頭一つ抜き…

この記事を読む

V.A. 『1967 CBC Song Market featuring Kiss The Wind』LP 1967年作

RCA Victor Company LTDとThe Canadian Broadcasting Corporationの共同提供により 実現したプロアマ混合作曲コンテスト。第一弾となる今作は、3000曲の中から選ばれた優勝 曲「Kiss …