この記事を読む

Summer Rain 『First Summer Rain 』LP 1975年作

Doveの記事を書いている時に、ふと思い出したのがイングランド南東部に位置する オックスフォードシャー出身の5人組グループ、Summer Rain。年代的にも同じで、 同じく紅一点の女性リード配したSoft Rock系グループということだけ…

この記事を読む

Sharyn Cambridge & The Colin Who Band 『S.T.』12inch Single 1981年作

Doveの女性リード・ヴォーカリストSharyn CambridgeがThe Colin Who Bandをバックに 吹き込んだ唯一のシングル。4曲入りの12inchシングルということで、高音質なサウンドが 楽しめるだけでなく、ジャケットの…

この記事を読む

オーストラリア産Soft Rockバンド Doveのシングルについて

昨日で彼らの全3枚のアルバム紹介は終わりましたので、今日はシングルについてです。 私の調査が間違いなければ、Doveは結成の1973年から、解散する1976年までの4年間に 計11枚のシングルをリリースしてます。つまり両面合わせると22曲あ…

この記事を読む

Dove 『S.T.』LP 1976年作

オーストラリア産Soft Rockバンド、Doveの最終作に当たる3rd Album。作品を重ねる毎に 成熟度を増してきた彼らのサウンドは、ついにプリAOR~シティ・ポップス寄りに展開。 しかしながら、甘いメロディやお得意のコーラス・ハーモ…

この記事を読む

Dove 『Love Harmony & Understanding』LP 1975年作

1975年に発表されたDoveの2nd Album。昨日紹介した1st Albumと比べるとSoft Rock色を さらに強めております。例えば、複雑なコーラス・ワークやフックの効いたサウンド そして効果的なリズムチェンジから工夫を凝らした…

この記事を読む

Dove 『Magic To Do』LP 1974年作

一時期使ってましたが、肌に合わなかったので無添加の石鹸を使うようにしました。 というのはボディソープの話。私の耳に最高に合っているのが、今回ご紹介する オーストラリア産Soft RockバンドのDove。江村氏の「Soft Rock」本に掲…

この記事を読む

Hudson 『Straight Up & Tall / America / Fight Back』EP 1973年作

ジャケットで仲良さそうに写っているのは、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身の Bill、Mark、BrettのHudson3兄弟。The Hudson Brothers名義での「So You Are a Star」 でご存知の方も多い…

この記事を読む

The Laurie Bower Singers 『Back Home Again』LP 197?年作

The Laurie Bower Singers(以下LBS)の作品のなかでも、比較的内容の良いものとして 挙げられるのが今作。この盤を推す理由としては、鈴木雅尭さん監修の音楽本 「Record Hour」にも取り上げられたシングル「Sim…

この記事を読む

V.A. (CBC) Gabrielle Bugeaud参加作品 LP 1976年作

ついに入手しました!あのGabrielle BugeaudがCBCに残した貴重な音源を収録したLP! 今作は「Canadian Broadcasting Corporation」の略称CBCが得意とする コンピレーション・アルバムです。ジャ…

この記事を読む

藤岡みなみ & ザ・モローンズ 『はじき』CD 2015年作

渋谷系の音を醸し出すバンドを発見しましたのでご紹介します。 Panda 1/2という音楽ユニットの2代目ヴォーカリストを担当していた「M!nam!」こと 藤岡みなみが、ライブサポートしていたザ・モローンズと組んで2013年に結成されました。…

この記事を読む

The Skyliners 『Once Upon A Time』LP 1971年作

「Since I Don’t Have You」で有名な、と言わなくても音楽好きなら重々承知でしょう。 一度は解散までした彼らが挑んだ2nd Album。オリジナルメンバーのJackie Taylorのみ 不在ですが、優れたコー…

この記事を読む

Roger Harcourt 『Here : Before My Eyes』LP 1980年作

Roger Harcourt Bandから一気にメンバーを総入れ替え(1人除く)して制作された本作は、 より西海岸の匂いをプンプンさせた爽やかなサウンドになっています。 今作は、プロデュースと作詞作曲を全てRogerとFred Munchな…

この記事を読む

Roger Harcourt Band 『…And The Horse You Rode In On』LP 197?年作

馬ジャケと言えば、Folk RockやCountry、West Coast Rock系のレコードに 良く見受けられますよね。ざっと、見てみましょう!           正直、馬のどこに惹かれるのか分かりませんが、Folk RockやCou…

この記事を読む

Rudy 『Sylvie / Going Home』EP 1975年作

皆さん、おはようございます。久しぶりにAdrian Bakerのシングル・コーナーを やろうと思います。そろそろ終わりにしたいとは思っているのですが もうちょい続けさせてください!まぁ、今のところブログの訪問者も限りなく ゼロに近いので好き…

この記事を読む

The Sycamore Street Singers 『Bright Down The Middle』LP 1970年作

カナダ産Soft Rockの人気盤の1枚に数えられるこのAlbumは、前回紹介した Johnny Burt Society『….Come Summer』と比べると、アップテンポで重厚な ハーモニーは聴けないものの、落ち着きのある…

この記事を読む

Johnny Burt Society 『….Come Summer』LP 1972年作

Johnny Burtの代表作と言えば、こちらですね。 性質上プレス数も極めて少ない上に、完成度の高い人気盤ということも相俟って 価格もグッと上がり、今でも相場が2万円前後くらいです。 確か2016年辺りにSuper Oldies.comか…

この記事を読む

Paul Johnson Singers 『Sons Of The Kingdom』LP 1976年作

CCM系Soft Rockの著名なコーラス・アレンジャーとして、数多くの作品を 手掛けてきたPaul Johnsonですが、この盤はジャケットのみならず楽曲も含め 実に興味深い内容になってます。正直言ってSoft Rockファン以外の方々に…

この記事を読む

Franklin Micare 『S.T.』LP 1978年作

米・ニューヨーク州アルバニー出身のSSWによる名盤。 New Yorkのレーベル「Private Stock」からのリリースされたもので、 米のジャズ~R&B界隈の名プロデューサーで自身のレーベルも持つJoel Dornが 今作のプ…

この記事を読む

Carol Yoon 『To Sing A Song』LP

ハワイ産Soft Rock界の歌姫Carol Yoonによる自主制作盤。 1978年リリースのLui Williams氏による幻のアルバム『Lui』でバッキング・コーラスを 担当していた方です。プロデューサーのEarl Hale Jr.は、…

この記事を読む

【お知らせ】ブログ始めて3ヶ月経ちました!

皆さん、お元気ですか? 1か月程で投げ出して辞めるであろうと思われたブログが、3ヶ月も続いてます! 正直、自分でも驚いてます。文章を書くのなんて苦手でしたが、続けていく内に どの様に自分の気持ちを言葉で表現すれば良いかが、分かってきた気がし…