Oak Island Treasury Department 『1』LP 1972年作

カナダ産ソフトロックのオブスキュアな名盤。

このとっつきにくい表ジャケと長ったらしいグループ名が

購買意欲を失わせますね。それが原因なのか、未だに知名度が低いです。

まずアーティスト名からお堅いイメージを想像させます。

「Oak Island」というのは、カナダのノバスコシア州の沖合いに浮かぶオーク島。

大昔に海賊が財宝を隠したという伝説がある島で有名らしいです。

「Treasury Department 」他の言い方だと「Department of the Treasury」。

いわゆる財務省のこと。直訳するとオーク島の財務省。一体、誰がこんなグループ名に

しようと思ったのか?いや、むしろお堅いイメージの人間がどんな音楽を演奏するんだ?

と思い購入する人がいたのかもしれませんね。

でも実際聴いてみるとThe Mutual Understandingが好きな方にはオススメな

ハーモニー・ソフトロックという趣きで、Soft Rockファンの関心の的になるAlbumです。

今作は1st Albumなのでタイトルがシンプルにも『1』となってます。

同年にもう一枚『2』というタイトルで2nd Albumもリリースされております。

そしてレーベルが「Harmony」から「Columbia」に変わりシングルを3枚

リリースしますが、全てアルバムに収録されているので収集の必要はなさそうです。

クレジットで気になる点といえば、プロデューサーのBob Stoneです。

Bob StoneことRobert Stoneはエンジニア、作曲家、プロデューサーで

長期間に渡りFrank Zappaの片腕として、彼のホーム・レコーディング・スタジオでの

エンジニアとして尽力を尽くした人物。他にもSamantha Sangの作品にも

関わったりしているそうです。

カナダ産Soft RockだとJohnny Cowell『It’s Gotta Be Love』の

プロデューサーも担当していたので、これは期待できそう!と思いますよね。

内容はA面B面共に1曲ずつインストがあり、他は女性パートの曲、男性パートの曲

そして男女混声ハーモニーという構成。

アップテンポな「Glory Glory」、The Pop Topsのアンニュイな「Mamy Blue」

そしてJohnny Cowell「It’s Gotta Be Love」のインストカバー!!

女性がリード・ヴォーカルをとるバラード「I’m Alive」、「Reach Out」

男性の優しいヴォーカルと美しいハーモニー「His Girl」

軽快な洒落たインストナンバー「Messin’ Around」

The Love Generationを彷彿させるポップな軽快ソフロ「Thunder, Lightning & Rain」など

ヴァラエティに富みカナダ産ソフトロック好きには余す事無く楽しめる内容です。

そんな中、私がセレクトするハイレコメンド作品はこの2曲。

女性がリードをとる美しいバラード「Love Is Just A Memory」。




そして全Soft Rockファン必聴の「The House With The Mandarin Doorway」!!

これは凄い!疾走するキャッチーなメロディに、ポップなホーンセクション

そして男女混声ハーモニーが渾然一体となった瑞々しいサウンドが最高!

やっぱりビッグネームが関わっている作品は期待を裏切らないですね。

全体通して聴いてみると、若干地味な印象は拭えないものの

一つ一つの楽曲自体のアレンジは素晴らしいので、

視聴↑で気に入った方にはおススメ盤です。

ということで、今日も一日ハッピーにお過ごしください。