Grand Theft 『Have You Seen This Band ?』LP 1978年作

元Deep Purpleの Roger Gloverがプロデュースしている英国のBlue-Eyed Soul Band。

このFirst Albumを制作する前にはSession Musicianとして活動していたそうです。

注目して頂きたいのが作曲もするリードヴォーカル担当のPeter Ross。

StylusのPeter Cupplesを彷彿させるソウルフルな歌い方

Rock系の曲ではハスキーヴォイスでクールに

メローな曲には甘い歌声で、と自在に喉を操る巧みなヴォーカルが

名盤と呼ばれるこのアルバムに一役買っていると言えます。

このAlbumではロック、ファンク、ソウルなど色々なサウンドが

楽しめますが、私がオススメなのはとろける程にメローな

B-sideの5曲目に収録された「Cold Man’s Catastrophe」と

シングルカットもされたB-side 1曲目の「Body Talk」。

どちらもPeter Rossの独り舞台です。

このセクシーな歌い方がなんとも・・・

このバンドは同年に2枚のEPシングルを発表しています。

☆「Love Burns / Turn It Over」

A面はアルバムに収録されていますね。

B面はほぼインストのFunky Soulといった感じであまり楽しめませんでした。

☆「Body Talk / I Never Know」

A面はアルバムの曲と同じですが、短くシングル用にコンパクトにアレンジされています。

B面はFunkとメローが渾然一体となった、思わず拳を振り上げたくなるカッコいい曲で

Peter Rossの歌声の魅力が堪能できる最高逸品。

良ければ視聴をどうぞ!

他にも、Peterさんは82年にTobaという名義で「Moving Up」

というDisco系ファンキーソウルのシングルも発表しています。