この記事を読む

The Latinos 『We Believe In You』LP 1976年作

Word盤の『It Must Be Love』で一気に知名度を博した、チカーノ系CCMグループの彼らは 1964年辺りから活動を始めたヴェラスケス・ファミリーを中心とした 4人組のThe Four Latinosと名乗るゴスペル・カルテット…

この記事を読む

Gabrielle Bugeaud 『Positively…』LP 1979年作

端正な顔立ちをしたカナダ出身の美人女性シンガー。その名はGabrielle Bugeaud 。 まだ一般的にはあまり知られてないかもしれませんが、Richard Steppの2nd Album にBacking Vocalとして、あのJud…

この記事を読む

Gotcha 『S.T.』LP 1978年作

カリフォルニア州出身の4人組バンド、Gotchaの唯一のアルバム。 1973年Steve Slaghtは、トゥオルミ郡の都市ソノラにあるモーテル「 Sonora Inn 」で 演奏していたローカルバンド「Sunrise」のメンバーに加わり …

この記事を読む

Phil Potter 『Lead Me On』LP 1980年作

イギリスのレリジャス系SSW、Phil Potterの4th Album。 イングランド北部にあるノース・ヨークシャー州の都市ヨーク出身とのことですが レコーディングされたのは南部イーストサセックスのリゾート地であるイーストボーン。 収録後…

この記事を読む

Barry Coggins 『Lady Of The Lake』LP 1984年作

1st Albumから5年を経て制作されたテキサス州出身のSSWの2nd Album。 アコースティックギターの音色が印象的な爽やかでカントリー調の曲が多かった前作と 比べると、今作はRock・Blues寄りでガラッとサウンド志向が変わりま…

この記事を読む

Barry Coggins 『One Man Singing』LP 1979年作

テキサス州出身のSSW、Barry Coggins による自主制作盤。 4人兄弟の3男に生まれたBarryの少年期は、米軍家庭での軍属生活の影響で 世界各地へ異動するという生活スタイルでした。 しかし大部分は地元テキサスで過ごしており、高校…

この記事を読む

The Jimmy Dale Orchestra & Chorus 『The Sounds Company』LP

ジャズ系のイージーリスニングのイメージが強いJimmy Daleは カナダ産Soft Rock界の必殺仕事人として数多くの作品に関わり 有名なところで言うとRob McConnell & The Boss Brassや 1968年作…

この記事を読む

Savanna 『Straight At The Sun』LP 1977年作

George Nauful、Tamara Hall、Tony Recupidoの3人から成るトリオバンド。 バンド名のSavannaですが、 サバンナと聞くとどうしても ジョージア州とサウスカロライナ州の州境になっている サバンナ川を思い出…

この記事を読む

Various 『1968 CBC Song Market』LP 1968年作

1967年に引き続き行われた第2回プロアマ作曲コンテストの1968年盤。 去年の優勝者はBruce Barrieさんの「Kiss The Wind」。 Tommy AmbroseやBilly Vanの出演で盛り上がりましたね。 この大会の主…

この記事を読む

Ted Pampeyan 『Brand New Me』LP 1979年作

不思議な表ジャケが印象的なレリジャス系SSWの2nd Album。 ジャケットを見てみましょう! まず彼の息子さんに当たる赤ちゃんが、奥で万歳しておりまして  Baby どUP→ 何故か壁から上半身がふわっと出てきている。ちょっと心霊写真ぽ…

この記事を読む

Judy Singh 『A Time For Love』LP 1970年作

カナダのアルバータ州の州都エドモントン出身のJudy Singhによる唯一のSolo Album。 彼女が初めて歌いだしたは、意外にも遅く17歳の頃からでした。 その後、ジャズ系シンガーとして地元を中心とした地域ラジオやテレビでの 出演を重…

この記事を読む

Brenda Gregory 『Simple Song Of Freedom / Alone Together』EP 1971年作

カナダの女性シンガーBrenda Gregoryによる唯一の7inchシングル。 レーベル Hit Recordsからのリリースで、ラベルが2種類ありまして 内容は同じものと思われますが、黄色盤が1971年に 赤盤は1975年にリリースされ…

この記事を読む

Parttime 『In Time』LP 1981年作

オランダの11人編成のバンド「Parttime」の1981年の傑作盤。 グループ名は、メンバーが元々時間制で働く非常勤(part-time)の セッションプレイヤー達だからだそうで いわゆるTotoの様な実力者が集ったセッショングループ・バ…

この記事を読む

V.A. 『Radio Canada(The J J’s)』LP(白黒盤) 1975年作

ごきげんよう! 昨日に引き続き今回も、CBCプロモ盤『Radio Canada』白黒盤を紹介致します! 黄色盤と同じく1975年に制作されたそうで、詳しくはどちらが先なのかは分かりません。 4組のアーティストは Side-1には、Dick …

この記事を読む

V.A.『Radio Canada(The J J’s)』LP(黄色盤) 1975年作

Canadian Broadcasting Corporationで知られる、いわゆるCBCプロモ盤。 こちらは『Radio Canada』と題された 4組のバンドから構成されたコンピレーションシリーズ。 他にも、表ジャケが赤や緑、紫、青な…

この記事を読む

Magic Bus 『Finders Keepers / Down In Mexico』EP 1971年作

Tony Riversの変名名義によるシングル盤。 A面の「Finders Keepers 」はSalt Water Taffyの大名曲カバー。 こちらはUKのRPM Recordsの「Tony Rivers Collection vol.…

この記事を読む

Bernard Tarver 『USC You’re A Very Special Part Of Me』LP 1979年作

USCとはUniversity of Southern Californiaのことで つまりアメリカのアメフト部の大学生によるアルバム。 日本やアメリカ以外の国ではサッカーの事をフットボールと言いますよね。 サッカーは元々「Associat…

この記事を読む

Jeff Grosser 『A Part Of Me』LP

この声、一度聴いたら病み付きになります。 イリノイ州出身のSSW、Jeff Grosserは良く伸びるハイトーンヴォイスで 鼻声というか鼻にかかった歌い方が何とも言えず美しく、素敵。 私はRuss BallardしかりFrance Gall…

この記事を読む

Alfred James 『Music Man』LP 1978年作

どことなく大谷翔平君を彷彿させる面持のAlfred Jamesによる恐らく唯一のAlbum。 来季からメジャーリーグでプレイすることが決定したそうで・・・ タイトル総なめにして、アメリカ人をあっと驚かせて欲しいですね。 こちらのAlfred…

この記事を読む

The Laurie Bower Singers 『Feelin’ Good』LP 1969年作

カナダ産Soft Rockの金字塔的大名盤。CTL(Canadian Talent Library)を代表する コーラス・アレンジャー兼プロデューサーLaurie Bower氏による男女混声の コーラスグループによる1st Album。今で…