この記事を読む

The Affection CollectionのLP未収のシングルと未発表音源について

昨日の続きです。まずはシングルについてですが、Norman Pettyが設立したMaudz Recordsを始めUnited Artists、Evolutionと、この3つのレーベルから1967年~70年の3年 間にシングルを7枚リリースし…

この記事を読む

The Affection Collection 『S.T.』LP 1969年作

本日はNorman Pettyがプロデュースしたアイダホ出身のコーラス・グループを紹介します。 ソフロ本で取り上げられましたが、その地味な内容のせいなのか未だに世間の認知度は低い ですね。個人的にはあのカラフルなジャケットがお気に入りなので…

この記事を読む

Sparrow 『Oh Doctor / Eli’s Comin’』EP1975年作

Harmony GrassのTom MarshallとTony Rivers & The CastawaysのBrian Hudson、そし てThe SymbolsのJohn Miltonが中心となって結成された5人組のコーラス・…

この記事を読む

Mike & Roxann 『Freely』LP

表ジャケを見てみると、12名の男女がこちらをじっと見つめています。一番手前の美男美女 が、今作の主役であるMichaelsenご夫妻。他の10名はミュージシャンも含め、アルバム制作 に関わっている方々です。 今作は、米・カリフォルニア州出身…

この記事を読む

Chalice 『Sojourning』LP 1979年作

Chaliceの2nd Album。前作とサウンド的にもほぼ同路線の内容で、1曲だけディスコ寄りの ナンバーはあるものの、オリジナル・ソングは似たりよったりで大して変わり映えもせず。 冒頭の2曲に至っては1st Albumで収録済みの曲を再…

この記事を読む

Chalice 『One…as We are One』LP 1978年作

本日紹介するのは、米・フロリダ州マイアミ出身のCCM系の4人組グループChalice。フロリ ダのMannaというグループの元メンバーであったギタリストのWallyとドラマーのBillyが、 当時のWallyの恋人Jeanne Whangと…

この記事を読む

The Changing Scene 『S.T.』LP 1971年作

ソフト・ロックを代表する名盤がこちら。ソフロ本で度々紹介されてきましたので、聴いた ことはなくても、名前は聞いたことがあるとか、ジャケは見たことあるという方は多いと 思います。あまりニッチ系に走らずに、初心者向けの作品も紹介して欲しい、とい…

この記事を読む

Jose Mari Chan 『Strictly Commercial』CD

本日は1997年に発売されたJose Mari Chanのジングルコレクションについてのご紹介で す。SSWの彼が60年代中期からの30年間に作曲した73曲のトラックが収録されており、多 くは他アーティストによるヴォーカルで吹き込まれてます…

この記事を読む

Jose Mari Chan 『Here & Now』LP 1976年作

亜モノSoft Rockと言ったらFrances Yip、尤雅 、Geminesse、Sharon Cunetaなど女性の イメージが強いですよね。でも忘れちゃいけないのがフィリピンを代表する国民的シンガー Jose Mari Chan。濃…

この記事を読む

Michael Gonzales 『Fire In My Soul』LP 1980年作

本日紹介するのは、米・カリフォルニア州ロサンゼルス出身のCCM系SSWであるMichael Gonzalesの1st Album。同じくLA出身でJazz・R&B界隈で活躍する作編曲家兼ミュージシ ャンのDavid Diggsがプロ…

この記事を読む

The New Randy Van Horne Singers 『Magic Pillow / Secret Places』EP 1971年作

知る人ぞ知るマイナー系Soft Rockのレア・シングルをご紹介しましょう!まずは、このコ ーラス・グループの立役者Randy Van Horneの経歴についてサクッと振り返ってみます。 米・テキサス州エルパソ出身のRandy Van Ho…

この記事を読む

C/F Schott 『Schott!』LP

米・フロリダ州メルボルン出身のArthur Lee Harperは、60年代後半のサマー・オブ・ラブ 真只中にある時期に、未だに呑気にブルースやカントリーなど保守的な音楽を奏でている米 ・南部には、辟易しておりました。ミュージシャンへの夢を…

この記事を読む

River 『A Little Thing Like Love / I Like It Like That』EP 1972年作

ヤフオクを通じて身に染みて良く分かったのが、Tony Riversは人気だということ。逆に Alan CarvellやAdrian Bakerはあまり好きな人が多くないみたいです。でも、Tonyさんの人 気の理由は何なのでしょうか?やっぱり…

この記事を読む

The Music Of Jerry Toth 『Tell Me Now』LP 1969年作

Jerry Tothと言えばCTLが誇る著名な作編曲家兼フルート・サックス奏者ですが、カナダ産 Soft Rockファンからすれば男女混声ハーモニーが最高の70年作『Moment Of Love』が有 名ですよね。コーラス物の「Let’s …

この記事を読む

Sonlight 『S.T.』LP 1973年作

同名グループが他にも存在してますが、こちらのSonlightは菊池桃子のバックバンドを務め 、Fusion~AOR界隈で人気を博したKoinoniaの前身グループ。名前から推測されるよう にCCM系のグループで、4人メンバーの内3人(Koi…

この記事を読む

Daylight 『Listen For A While』LP 1976年作

本日紹介するのは、米・ミネソタ州ミネアポリス出身の青年男性5人によるCCM系グルー プ。今作は、Bob Dylanの『Blood On The Tracks』やCat Stevensの『Izitso』でも有 名なSound 80でレコーディ…

この記事を読む

The Tymes 『You’ve Got A Friend』LP

男性4人・女性2人の計6名によるカナダ産のコーラス・グループ。CCM系のマイナー作品だ とB級グループがとても多いので、海外から購入する際はちょっと躊躇してしまいますね。 しかも送料が高騰している昨今ではリスクがとても大きいので、少ない情報…

この記事を読む

Dennis Yost & The Classic IV 『Love Me Or Leave Me Alone / I Knew It Would Happen』EP 1973年作

初めてドナルド・トランプさんを見た時は、てっきりDennis Yostが金髪に白髪染めをした のかと思いました。と、そんな冗談はさておき、皆さんThe Classic IVは好きですか?彼ら の名曲って言ったら「The Funniest T…

この記事を読む

John Day 『S.T.』LP

米・ノースカロライナ州の男性シンガーJohn Dayによる1st Album。御本人が描いたとされ る表ジャケの芸術的アートは、不思議な世界観を匂わしていて、ただならぬ強いインパクト を感じさせますね。ただ、実際のサウンドをイメージするには…

この記事を読む

Carla Fulmore 『Jesus Is The Music In Me』LP 1978年作

The Chuck Fulmore Trioは、父Chuck、母Dona、そして娘Carlaの3人によるCCM系コー ラス・トリオ。教会音楽に則った真面目過ぎる姿勢は、その度重なるステージでの演奏や活 動期間の長さから伺えますが、どれも似た…